2012年10月28日日曜日

同じみかん県として

愛媛県では、サイクリングパラダイスとして観光地化を図ろうとしているようですね。
こういうイベント、和歌山でもできないのかな〜。
大阪などの人口密集力程なくいける立地条件。
ちょっと、中心地を離れれば、車がめったに通らない道路事情。
サイクリストにとってはまさに天国。

おとなりの奈良県でも、グランフォンド吉野やヒルクライム大台ケ原を始めとして、自転車イベントが盛り沢山。
とくに、ヒルクライム大台ケ原なんか、千人足らずの人口の村に年に一度、その人口以上の参加者が集まってくるお化けイベントです。
サービスが充実してて手作り感満載のイベント、他に知らない。
あれだけ、きついイベントなのに全国から熱烈なリピーターが集まってくるし。

今年は参加できなかったけれど、グランフォンド吉野も面白いイベントだし。

この、グランフォンドを和歌山でもできないものだろうか?
100キロや200キロぐらいのコースならば、できそうな気がするけどな。
でも、実際にコースを設定するとき、大変なんだろうな(^_^;)
なんせ、レースではないので交通ルールに従う必要があるし。
足切りも誰でもクリアできるような時間設定にするとなるとかなり試走をして確認して行かなければならないのでスタッフ稼業は大変そうだな。

0 件のコメント:

コメントを投稿