2012年10月21日日曜日

自転車用のナビについて

iPhoneを使い出してそろそろ、一ヶ月になります。
今までのスマートフォンを使っていて不満を持っていたバッテリーの持ちなどかなり改善されてます。

で、これをメインのナビゲートシステムとして使えないか画策中です。

まず、その第一弾としてトップチューブバックを新しいものに変えました。
ちょっと、大きめなのが気になるのだけど、iPhoneとエネループのバッテリーを入れても十分お釣りが来るというのがかなり良いです。
防水性能もそこそこありそうだし。

あと、センサー系をどうするかだな。

近頃のEDGE800、なんか動作が安定しないんですわ(T_T)
一番困るのは、ルートを表示させているとき、普通ならばスタート地点に誘導するかどうかを選択できるオプションが案内時に表示されるはずなんだが、それが表示されないというトラブルがよく見受けられるんです(T_T)

これだったら、iPhoneでルートナビを使ってナビゲートしたほうがよっぽど正確だなとういうのがそもそもの発想なんです。

どうせならば、心拍数やケイデンスまで取り込めてしまえば便利かなと。
現状では、BTで取り込むか、ANT+をアダプタを使って取り込むかしか無いみたいだけど。

近いうちに、BT4対応機器がもっと広まってくれれば悩むこともないんだけどな。

0 件のコメント:

コメントを投稿