2012年6月22日金曜日

AirFoil


最近、CDなどをレンタルしなくなった。
音楽を聞かないわけではないんだけど、わざわざ借りてまで聞く必要がなくなったから。
それというのが、私が自宅ではMacを使っているから。
Macの標準音楽プレイヤーといって差し支えないitunesはAirPlayという伝送プロトコルをサポートしてます。
これ、iPodで音楽を聞いているとき、出先では本体からヘッドフォンを使って聞く。
ここまでは普通なんだけど、帰宅すれば対応スピーカーにすぐに転送かけることができます。



WiFiの規格を拡張したものなので、結構、遠くまで飛びます。
今までは、AppleTVで音楽を聞いていたんだけど、AppleTVが接続していたのがテレビだったもので、わざわざ、音楽を聞くためにテレビも立ち上げなければならなかったので不便だったんです。
音も悪いし。
なもので、辛抱たまらずに専用スピーカーを導入しちゃいました。
やっぱり、専用機だね。
音も、まあまあ、いいし。
ペアリングもかなり簡単にできた。

あ、普段、音楽を聞いているのは、最近、Last.fmというのを使っています。
本来、AirPlayに対応していないソフトなので、AirFoilというアプリを経由して転送しています。
最初の設定、わかりにくいですけど、便利ですよ。


0 件のコメント:

コメントを投稿