2012年7月9日月曜日

太陽圏の死闘

土曜日にヤマト2199「太陽圏の死闘」を見てきました。
私の住んでいる地域だと上映している映画館はなんばパークスシネマのみ。
なので、最初は久しぶりに難波にまで電車を使っていこうかと思っていたんですよ。
んで、地元駅にスクーターで出かけると、なんか看板がかかっているんですよね。
「粉河~王子まで運転見合わせ」なんだって~。
やめてくれ~。

しかたがないのでとぼとぼと自宅まで引き返します。
んで、急遽、涼風にて出撃。
犬鳴のところで水が出ており、片面交互交通になっているが、それ以外はなんとも無く無事になんばパークスの駐車場にたどり着くことができました。
そやけど、高速って嫌いや。

映画の方は、前回のダイジェストから始まります。
意味深にカプセルが出てきてますな。
解説によるとカプセルの中にはある人物が入っているとか^^;

今回は、戦闘シーンが良かったです。
やっぱり、ヤマトといえば艦載機によるドックファイト。
なかなか、盛り上がるな。
それに、波動砲の発射シーンもわかってらっしゃる。
でも、かなり波動砲の設定が変わってるな。
まあ、元々の設定がタキオン粒子を撃ち出しているという事だったから無理があったものね。
通常の物質だと問題ないんだけどタキオンって、光よりも早い粒子だと仮定されているんだが、光速になる時には質量がゼロになっているという特性を示すらしいんだよね。
これじゃあ、兵器に転用できませんな^^;

浮遊大陸もガミラスが持ち込んだという設定になってた。

雪風も、発見されるようになってるから矛盾が少なくなってる。

ただ、上映トラブルで、字幕がぶつきりなってたりしてたのがちょっと不満。
まあ、無料鑑賞券がもらえたのでよしとするか。
でも、これ、次のヤマトの時までつかえねー。
8月中に面白そうなのがあるか、調べておくか?

0 件のコメント:

コメントを投稿