2013年6月4日火曜日

EDGE810気になったこと

今回の400キロ超のBRM、EDGE810で運用しての初めての試みでした。
何回も同じコースを走っているので、慣れていると言うことでルート機能は使いませんでした。
だから、ナビとしての機能は体感していません。

800の時に問題になった300キロ病。
長距離を走っていると、いきなりハングアップしてしまい立ち上がらないと言うことは直ってました。
Firmwareのバージョンが上がっているのと、機種が別物だと言うことか。
その点は良かったのだけど。

気になった点もいくつかあります。

まず、トンネルなどに入ったときの処理です。
今までの機種だと、GPSの信号をロストしたときに警告が表示されていました。
これの流れは810でも変わりません。
ただ、従来の機種は、信号が復帰すれば警告メッセージが消えてました。
それが810では一度、表示された警告は確認をタップするまでは消えることはありません。
トンネルの数が少なければ、その度ごとにタップしていれば良いのだけど、今回のコースのようにトンネルばっかりのところだとかなり面倒だったりします。
これ、改善されないかな~。
それとも、回避する方法がないのかしら?

あと、Bluetoothのリトライが甘いかも。
ライブトラッキングを有効にしていると、常にiPhoneと連携している状態になるのだが距離が離れてしまうと接続が切れてしまうのだが、この復帰時の処理が駄目みたい。
一旦、接続が切れてしまうとつながらないっぽい。
たまたまなんかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿